Ceramicセラミック治療

セラミック治療

その銀歯、白くしませんか?

保険治療での虫歯にはほとんどの場合、銀歯が使用されます。

しかし、白い歯列の中で銀歯は目立つだけでなく、金属アレルギーを起こす心配があります。
この銀色の歯を白いセラミック素材に替えることで、咬む機能を整えながら見た目を自然にキレイにするのが審美歯科です。

美しく健康的な口元を取り戻しましょう。

取り扱い審美素材について

ジルコニアセラミック1本150,000円

人工ダイヤモンドとしても使われるジルコニアが素材の被せ物(クラウン)です。
光の透過性や色調など見た目が天然歯によく似ていて、機能性も高いのが特徴材です。強度が高いため、奥歯にも使用できます。

オールセラミック詰め物1本63,000円/被せ物1本70,000円

素材がセラミックのみの詰め物(インレー)や被せ物です。
天然歯のような自然な色調や光沢で、白さと透明感を再現でき、耐久性にも優れています。

ラミネートベニア1本70,000円

前歯の表面を薄く削り、セラミックの板をつけ爪のように貼り付ける治療法です。
天然歯のような自然な白さと透明感があります。
軽度の歯並びの乱れ(すきっ歯など)を整えることも可能です。

※価格は全て税抜きです。

セレック

セレックシステム短時間で歯を白くするシステム

歯型を取らずに白いセラミックの詰め物を削り出す
それがセレックシステムです

セレックシステム

歯型を取らずに白い詰め物・被せ物を作る方法があります。それがセレックシステムです。
初めに3D光学カメラでお口の中をスキャンし、そのデータをもとにコンピューター上で設計。ミリングマシンがセラミックブロックを削り出します。

メリット

  • 型取りの必要がありません。そのため、嘔吐反射が強く、型取りのための印象材の硬化までの数分間を保持できない患者さんにも有効です。
  • 短期間かつ比較的安価に白い詰め物が手に入ります
  • メタルフリーで金属アレルギーの心配がありません
  • 矯正治療などの前処置での仮修復の際に、劣化しやすいプラスティックの替わりに使用することも可能です
  • 品質のよいセラミックブロックを使用するため、高い強度にもかかわらず表面が比較的なめらかで、対合する歯が摩耗しません

デメリット

  • 複数の歯を連結固定するブリッジには使用不可です
  • 模型でのチェックがないため、咬み合わせ部や隣接部の調整が多い傾向があります
  • 厚みがあると修復物の適合に影響することがあります

セレック治療の流れ

STEP01

スキャン(型取り)

歯を削った後、3D光学カメラで口腔内を撮影(スキャン)します。すぐに患部の歯列がモニター上に再現されます。
STEP02

詰め物・被せ物の設計

コンピューターの3D画面上で咬み合う部分などを微調整し、理想的な形にして修復物を設計します。また、お口の歯に合わせて適した色のセラミックブロックを選択します。
STEP03

作製

コンピューターで設計されたデータをもとに、ミリングマシンがセラミックブロックを自動で削り出します。
STEP04

口腔内セット

作製されたセラミックの詰め物・被せ物を口腔内へセットします。